日当たりのよい家は明るくてさわやか。風通しのよい家は窓を開けるだけで快適です。
「箕面森町ピースガーデン」の街づくりには、まずここにある自然を活かすことからはじまりました。
気温の変化や風の流れなど、さまざまな角度から自然環境を事前調査し、宅地の造成計画に活かされています。
また、雨水を有効利用するために、住宅地内の道路には、夏の暑熱緩和と冬の路面凍結をも抑制する保水性舗装を採用。
街灯や庭園灯にはLED照明等の高効率・長寿命器具を採用。自然と先進技術を融合したエコロジーを追求します。

街の中にバラエティ豊かな植栽を配することにより、宅地及び住宅開発により排出されたCO2の吸収を図る「カーボンオフセット」を計画しています。
また、太陽光発電といった省エネ機器の活用や自出エネルギーの活用、燃料電池の利用等によりCO2排出量の削減も促進しています。

現地案内図