• 「箕面森町ピースガーデン」は、自然と巧みに調和する街づくりを追求。森を見晴らす丘陵状の街区、森にせり出す半島状の街区、緑道沿いの街区など、多彩な住宅ゾーンを演出。住まうほどに、緩やかに自然と調和する暮らしを創造しました。

    それぞれの住宅街区は、街のメインストリートとなる「ゆりのきプロムナード」と「里山こみち」を中心に、季節の彩りをテーマにした楽しい公園や緑道、歩行者道路で結ばれます。周辺の自然景観も楽しみながらどこを歩いても緑が目に入る美しい街として誕生します。

  • 緑豊かな街だからこそ、街並みにも美しい緑の風景を。道路をゆるやかにカーブさせることで、街路樹や垣根の緑が視界に入りやすくなるよう計画しています。

  • 車と歩行者がともに快適に共存できるよう、歩行者専用街路の設置はもとより、舗装材の色や素材を変えて、車のスピードを抑制する工夫を施しています。

  • 街の照明計画は星空がひろがる自然景観や森のやすらぎ感を損なわず、なおかつ夜道の安全性も考慮。街灯や街路の庭園灯など公共空間の灯りをコントロールしています。

  • 幹線道路沿いは無電柱化で街並みに配慮。住宅街区内は緑の多い景観を損なわないよう、電柱を目立ちにくくするカラー電柱を採用し、圧迫感のない街並みづくりを目指しました。

※掲載の内容は現在計画中のもので、変更となる場合がございます。

現地案内図